辻 史朗 様

和歌山レオクラブ2011年度会長

たくさんの人に感動を与えるプレーを

高知市出身で、現在は和歌山大学観光学部の2回生です。中学・高校の6年間はサッカー部に所属し、中学ではキーパー、高校ではフォワードとして汗を流してきました。中学で腰を痛め、高校2年の時にはけがで約半年間サッカーができず、辞めようと思ったこともありました。しかし、監督から「チームに必要だから、これからも頑張ってもらいたい」と言われ、チームメートも声を常に掛けてくれたので、3年間続けることができました。監督に出会ったことで、最後まで頑張ることやチャレンジする精神力を身に付けることができました。尊敬する人の一人です。

日々の練習は自由度が高く、自分たちでいろんな試合の場面を想定して練習ができたので、きついこともありましたが楽しかったですね。

紀の国わかやま国体では、大好きな和歌山も出身の高知も応援したいです。個人的には短距離走などの陸上競技が楽しみです。国体が地域の活性化につながればいいと思っています。選手の皆さんには、たくさんの人に感動を与えるプレーを期待したいですね。応援しています。
※和歌山レオクラブ
昭和55年6月に結成。今年で結成30周年を迎え、和歌山大学の学生を主体に清掃、国際交流、献血奉仕などの活動を行っている。

このページのトップに戻る

2015紀の国わかやま国体